プロペシア副作用を知りましょう

プロペシアは、本来は前立腺肥大の治療薬として使われていたものですが、現在では男性型脱毛症AGAの代表的な治療薬として使われています。

 

プロペシアのAGAに対する治療効果は、非常に高く薄毛に悩む人々の救世主とも言える存在となっています。

 

 

しかし、そんなプロペシアにも副作用が報告されているのです。
プロペシアには、どんな副作用が報告されているのでしょうか。

 

プロペシアによるおもなる副作用は、性欲の減退や勃起不全などの性機能障害や発疹や蕁麻疹、胃部の不快感や肝機能障害などです。
しかし、これらの副作用はどれも数パーセントであるとされていますし、プロペシアに限らずとんな薬であっても副作用はありますから適切な容量を守ることによって重大な副作用の起きる可能性は少ないと言えるでしょう。

 

プロペシアを用いることによって、精子の減少や男性不妊も報告されていますが、それはプロペシアの使用を中止することによって徐々に改善されていくとされています。

 

しかし、こうした副作用の発生率に関わらずプロペシアは、肝機能障害のある方や女性、未成年に対しての使用はお勧めする事が出来ません。
AGA治療にプロペシアを用いる場合は、こうした副作用や注意事項にも知っておく必要があると言えるでしょう。